先輩社員(白木 秀憲)


 
 

――入社当時の技術スキルについて
 
専門学校でC、C++、C#、Javaといった言語を勉強しました。
その後、職業訓練校でJavaを集中的に勉強した為、Javaには自信がありました。
ただ、業務としてプログラミングをしたことが無く、当社に入社することにはなりましたが、実際に現在のスキルが通用するのか、周りの社員の方たちとうまくやっていけるかといった不安はありました。

 
 
――最初の案件が決まった時の不安など
 

当社にはWEBシステム開発とインフラという大きな2つの業種があり、社内で話した結果、まずはインフラ系の案件に就くことになりました。
インフラ業務に関する知識はなかったため、そこの基礎教育を受け、その一環として日立のJP1製品の資格を取得しました。
社内研修を受け資格も取得できましたが、自身のスキルが仕事として成り立つレベルに達しているのか、失敗をして会社や現場に迷惑をかけるのではないだろうかという不安は依然としてありました。
事前の社内研修により、業務に対しての不安はだいぶ緩和しましたが、それでも失敗するのではないだろうかという不安はありました。
しかし、その「失敗するのではないだろうか」という不安と緊張感は大事だと考えています。
なぜなら、人が失敗をするのは、 慣れて「緊張感」をなくした時だと思っているからです。
実際に、案件に就いてからは「業務の結果や成果物がこれでよいのか?」と、不安と疑問を抱きながら業務にあたり、失敗しないことを心掛けてがむしゃらに業務を遂行していました。

 
 
――現在の業務内容について
 

今はサーバの更改(サーバ機入れ替えに伴う再構築)業務に携わっています。
最初の案件が1年の長期案件だったのですが、終わり頃に同じ現場で別の業務に携わってみないかと誘われ、そのまま継続させていただいています。
自分の頑張りが認められた結果だと思い、自信にもなりました。
プロジェクトメンバーは、それぞれ所属の会社が違いますが、自分自身技術的にまだ未熟ということもあり、また同じメンバーで継続できることはホッとしています。
今までは運用がメインだった為、今回の案件ではサーバ構成を意識し、各種ミドルウェアの設計、構築等のスキルも身につけたいと思っています。

 
 
――入社してからの変化
 

自分の中で一番変わった様に感じるのは、疑問点はすぐに質問をする様になったことです。
スケジュールを意識しながら周りの方々との連係し、決められたタスクを終わらせて行くのはとても重要だと感じています。
以前は、人の仕事を邪魔してはいけないという意識があり、質問で時間を取らせる事が悪いことであるように感じていました。
しかし、遠慮すると後々プロジェクトの遅延を招く可能性があることを認識してからは、疑問が浮かんだらすぐに質問をするようにしています。
それ以外では、挨拶やホウレンソウ等、社会人として当たり前のことも今の現場で磨かれたと思っています。

 
 
――入社して1年経った現在の目標
 

元々、プログラマー志望だった為、プログラマーの案件もいつかはやってみたいです。
しかし、会社からの最初の教育でも教えていただいた、インフラとプログラムは必ずしも分離されないという内容から、今はインフラエンジニアとして多くの技術を経験、吸収したいと思っています。
まだまだ未熟ではありますが、この1年間の業務で沢山の自信もつきました。
今後、プログラマーにしてもインフラエンジニアにしても、あらゆる角度から物事を見ることが出来る技術者になれるよう会社からのサポートも受けながら成長して行きたいと思っています。